2008年7月13日日曜日

Gotland 景色

 街や集落の周りには、牧草地や農地が広がる。これは麦畑。


 海岸は、削られ丸くなった石灰石の白い浜辺と、赤松の幼樹やアザミなどのトゲトゲした植物による、独特の風景。


 島の海沿いに点在する奇岩群Rauk。

3 件のコメント:

Jojo さんのコメント...

こんにちは。
ゴットランド、いいですよねぇ〜。
私は、Fåröには行ったことがありますが、Visbyは数時間滞在しただけ。
Fåröも凄く良かったです。何といっても、石灰奇岩が強烈に印象に残っています。あと、風車と石垣、Ingermar Bergmanに会ったこととか。

理展 さんのコメント...

Gotlandは北部スウェーデンと比べると植物の多様性も高く、見た目がいいですね。アカマツも風に吹かれてドワーフになり、日本のアカマツ林と似ているね。いくつかの地域は、(おそらく土壌が超貧栄養なせいで)荒れ地となっていて、それはそれで自然の姿だった。AuroraKaoriさんの真ん中の写真は放牧地のため、緑が見えないだけでしょう。

Aurorakaori さんのコメント...

 Jojoさん、コメントありがとうございます。
 私もFåröは、今まで見て来たスウェーデンの景色とはまた違って、とても刺激されました。広がる牧草地に、低く長く積まれた石垣は、美しいですね。風車も初めて見て感動しました。あの風車は現役なのでしょうか?どういう仕事をしているのだろう?
 石灰奇岩も興奮しました。あの岩のひだや隆起!うちの主人はもう少し凄いものを期待していたらしいのですが、最北端まで行くべきだったのかな?
 Ingermar Bergmanのことは知らなかったのですが、ぜひ彼の映画を見てみたいです。会った、ってすごいですね。もしや、ご友人ですが?